不動産投資というものが不動産の世界にはあります

スポンサードリンク



不動産投資というものが、不動産の世界では存在しています。

不動産とは、土地や建物を指すことが一般的ですね。文字通り動かす事の出来ない財産ということになります。

概念としては、「動産」と対をなす言葉です。
この不動産と対極の「動産」はたくさんありすぎるのであなたもすぐに5〜6個は例を出せると思います。

不動産投資は、土地や建物に付加価値を追加していくものだともいえる。この付加価値をつけていく際に夢に近い壮大なものを打ち出す場合もあり、このというか幻想を利用し悪いことをする人たちも不動産投資では存在しています。

不動産自体は何も変化はしていないのに、その不動産の価値が変動しているかのように見えるのが多くの人たちに共通した不動産に幻想を見てしまう証拠でしょう。



不動産投資とは

不動産投資とは、不動産を売却した際の差額分利益を得る投資方法です。

不動産投資のために投資(買取のため)した金額と、不動産売却での差額で
場合によっては大きく儲けることが出来ます。

不動産を買うにあたり資本投入します。
この時になるべく可能な限り近接したところの不動産を買い取るようにします。

地価は変動するものですね、ですから地価は上下してしまうことは普通です。
近接したところで不動産を買い取る理由は、その近接地域一帯の地価が上がると
不動産の価格が上昇します。 この時点で一気に近接したところの不動産を売り払う。

基本はこのようなことが不動産投資の原則です。


SPONSORED LINK



不動産投資は投資した資本を増大させる全ての行為

不動産業界において、不動産投資というのは
「不動産に投資した資本を可能な限り大きくさせる行為」

を全て指しています。



SPONSORED LINK